• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

キラキラ☆楽々美人レシピ

           運命を味方につけるには「自分を知る」「自分を活かす」「自分を与える」の。                          「インスティンクト・リフレックス」は直観のツール                      「足の裏」から潜在意識にコンタクト♪♪ 「いにしえの叡智」へと広がります。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ自分はこんな目にあわなきゃいけないの?その理由は「魂」からの叫びに気づいて欲しかったんだって!真夜中にリンゴの精が話してくれました♪

  1. 2013/12/07(土) 05:00:00_
  2. 痛みー心の痛み、身体の痛み
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
medium_2718598931.jpg
http://www.flickr.com/photos/deniscollette/2718598931/





魂の叫び!








昨日は、盛りだくさんのメニューで、

さすがに、体力を消耗したようで、

仕事が終わって帰って来てちょっと横になるや、

爆睡!



これ、とっても気持ちがいいですよね!

夜中にのどが乾いて、

フルーツが私を呼んでいました。



全く夢はみなかったんですが、

リンゴの精は、

私にこんなことを語り始めました。



ちょうど今週は、

リンゴのマジックを教えてもらう約束をしていたので・・・・



(これは、単にリンゴからインスパイアされたわたしのインスピレーションです)



さてと。

リンゴのお話を聴かなくっちゃ!



リンゴをペロリと一個平らげて、

じっとしていると、

向こうに悲しげな男の子がいるじゃないですか。



誰だろうと、

見ようとすると隠れちゃう!



でもシクシク泣いているんですよ。

やっと彼を捕まえて抱きかかえてみると、

彼はしゃべりだしました。


僕はこんなつもりでこの人生を選んだんじゃない。


そう、誰かの魂なのね。


その魂は、何度も何度も転生を重ねているんだけれども、

常に同じことが起きるんですって・・・



今回は男性に生まれて来たのですが、

実は、ずっと女性で転生を繰り返して来たそうです。

いつの時代にも、その魂は、

無抵抗な女性で、

暴力や、性的な圧力をかけられるという人生を選んできたようです。




魂にも深くその傷跡が残っているようでした。

女性の歴史を見れば、

ほんのちょっと前まで、

女性は、非人間的な扱いを受けてきたという事実も、

あるわけですから・・・


どんな人生を送ってきた魂なのか、

何となく想像はつきます。



今回は、初めての男性として、

この人生をスタートしたんですって・・・


私たちの魂にも、

トラウマによるネガティブなプログラムが刻まれています。



そして、そのプログラムを変えるまで、

延々と同じことを、

転生していっても繰り返すようです。



今回の彼に託された課題は、

無念であった過去の出来事、

非人間的な扱いをうけた数々の痛みを、

解き放つことでした。




だから、彼には、

そういった思いを甦らせる「人物」が必要だったのです。




すべて私たちが体験することは、

自分の内面を移す鏡のようになっていて、

日常で起こることは仕組まれています。


これは、きっと神の意図なのでしょうね。




もし、理不尽さを感じるとしたら、

それは過去から持って来た、

自分のネガティブなプログラムが引き起こしたことだと、

自分自身に言ってあげれば、

自分に危害を加えてきた相手をも、

許すことができるでしょう。




「許す」こと。

かれが今学ぶことは、

それだけ!



相手がいかなる状態でもです。



これはちょっと難しいけれど、

きっと彼にはできる。

だから、こんな宿題を与えられているんですね。




リフレクソロジールーム

ママキッチン


スポンサーサイト
テーマ : セラピー&ヒーリング    ジャンル : 心と身体

子どもが育つときに知らず知らずに「親が子どもを傷つけている?」心が臍のをで繋がって「保育器」に入っているような子ども達が増えているようです。「巨大化したマインド」が子どもの身体を蝕んでいく様から何を学んだら良いのかな?

  1. 2013/07/06(土) 15:45:58_
  2. 痛みー心の痛み、身体の痛み
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
小学校の先生とのお話。

最近、こんな子が増えているんですって・・・

「感情を表せない」

「言葉を発しない」

「無気力」

こんな子は、

大概、

小さい頃から、

親がその子のことをすべてやってしまって、

いつまでも、おしめがとれない赤ちゃん扱いで、

親子の関係を築いてきてしまったことによる影響のようです。



子どもは、否が応でもでも、

身体は大きくなってきますし、

意識も、社会性も変化していきます。


子どもがモタモタとしているのが、

見ていられず、

言葉を発する前に、

子どもにすべてを与えていたら、

子どもは言葉を発する必要もなくなります。



おっぱいだって、赤ちゃんが欲するからあげるのであって、

欲しがっていない赤ちゃんの口に、

無理やり哺乳瓶を押し付けて、

人工ミルクをあてがっている図を想像してみると、

そんな赤ちゃんのメンタリティは、

どのようになっていくのか想像がついてきます。





母親は、赤ちゃんに対しては、

その子が必要とするものすべてを与えるのが、

自然界の法則ですが・・・・



無理矢理、親が良いと思うものを与えるのは、

論外!

ましてそれは、本人が必要としていないものだったら、

さらに最悪のパターン!


こういう子がどういう「バーストラウマ」を形成するのか、

想像つきますか?



勘違いをしたお母さんの育った環境も、

大きな原因になっていますね。



厳しくおばあちゃんに、

何かに付けてガミガミ言われて育ったお母さんは、

子育てを、成長のプロセスを見届けることを、

「子どもを正しくしつける」ことだと、

勘違いしてしまうようです。


ここで言う、この「正しくしつける」とは、

何でしょうね。

はっきり言えるのは、

「この正しく」は、社会性を身につけることとは対極にあることです。


親から親へと伝えられた「ネガティブプログラム」や、

そこの「家系の不文律」通りに、

「良い子」(都合の良い子?)に育てること。

そしてそうなることを、半ば、強制することでもあるようです。





これは、大きく自然の法則から外れていますね。



社会や自然の法則に適応できる子に育てるよりも、

親の言いつけ通りになる良い子に育つことが、

重要なんでしょうか?




そうやって親の想い通りに育った良い子?は、

お友達や、親以外の大人たちと触れる際、

大きな戸惑いを感じてしまうのです。



自分の親や一緒に育った兄弟だったら、

何も言わなくても不自由さが無い関係ですが、

それ以外の人間とは、

育った環境がまるで違います。


どうやってコミュニケーションをとったらよいのでしょう。

まるで異星人にでも出会ったぐらい、

言葉も心も通いあわないし、わかってもらえない「怒り」を感じるでしょうね。

そして、

自分を受け入れてもらえない「強迫観念」や、

「恐怖心」や「疎外感」を感じるのでは・・・・


そういった「感情」を抱いても、

外へ表現することすら教えてもらっていないものですから、

それは、

消化器官の最終プロセス部分である、

「大腸」にどんどん溜まっていって、

その細胞を壊し始めるのです。

その感情エネルギーの大半は、

矛先を失った「怒り」

存在する価値がない自分は「生きているべきではない」と責め立てる、

「怒り」による自分への虐待

さらに、「存在」することへの「恐怖」です。


それでも、

身体は生命力を削りながらも、

「生きようとしている」様をみると、

目頭が熱くなるのを止めることはできません。



どこまでも、この子の「巨大化したマインド」は、

生命エネルギーをむさぼってしまうのでしょうか。



こういう子がいるということは、

私たちに何を教えているのでしょうか。






親が可愛い我が子に、

何でもしてあげたい気持ちはわかります。

でも、欲していないものを、

次から次へとあてがっていることは、

メンタルな面では、

「あなたは役立たず」

「あなたはだめだから」

「あなたは弱い」

「お母さんがいないと生きていけない」

そう言って、

子どもの社会性や成長を妨げていって、

子どもの「自尊心」までズタズタにしてしまうのです。



結局、社会から孤立した「無人島にただ一人」状態?

いえいえ、そうではなく、

「人工保育器」に入ったままの状態を、

一人では生きていけない人間を作り上げてしまいました。




これこそ、

「レ・ミゼラブル」な人生です。



こういう人生もありなんだと諦める以外、

方法はありませんね。

そう言う事例をみて、私たちは、

常に自身で選択できる自由を手に入れていることの幸せを、

感じさせてもらっているのかもしれません。



私たちは、「痛み」を感じて成長する動物です。


こういった子ども達がいることで、

「痛み」を感じますが、

人は、「求めなければ」「得られない」ことも、

経験から学んだ事実です。




たくさんの学びをいただいて感謝です。

ありがとう!


medium_4904116886.jpg
イメージ写真http://www.flickr.com/photos/vinothchandar/4904116886/


リフレクソロジールーム

ママキッチン


テーマ : セラピー&ヒーリング    ジャンル : 心と身体

「いたた〜!」指を挟んじゃった!でも、以前とは痛みの感じ方が変わってきました♪

  1. 2013/02/14(木) 18:56:24_
  2. 痛みー心の痛み、身体の痛み
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わぁ〜♪

久しぶり!

キラキラのブログです。

先ほど、

冷蔵庫の引き出しを開けて、

閉めたときに、右手中指を挟んでしまいました。


爪の中央が、こそげとられ、

削り節のように削られた爪が、

爪の上にカールしちゃって・・・・

びっくりです。


「痛い!!」

一瞬そう思いましたが、

その痛みは熱さに変わり、

今、その指でキーボードを打っています。


痛みもなくなりました。



「痛み」と「痛いと感じる感情」は別ものなんですね。


「痛いと感じる感情」つまり「恐怖心」が強ければ強い程、

痛みが増幅するんです。




先日の、歯科治療も、

麻酔をいっさい使わないで、

歯茎を焼いて切開したり、

虫歯(かなり重傷で被せた金属と歯の間にできていた)削ったり、

すべて自然治療でやっていただきました。



これも、

「システムオブナチュラルライフ」を学び、

「恐怖心」や「痛み」をどう受け取るか、

長い間の実践の賜物でしょう。



medium_3943872114.jpg
http://www.flickr.com/photos/gigi62/3943872114/



でもね、

もっと早くに治療すれば良かったんです。

歯医者さんを信用しないとね。

ごめんなさい。





リフレクソロジールーム

ママキッチン


テーマ : セラピー&ヒーリング    ジャンル : 心と身体

自分のなかの恐怖心が少なくなってくると、とってもコミュニケーションも 滑らかになっていきますね♬

  1. 2012/11/19(月) 14:37:31_
  2. 痛みー心の痛み、身体の痛み
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
さすがに、

二日間徹夜状態が続くと、

ねむいねむい!


昨日は、

ひたすら「眠り姫」になっていました。



身体はというと、

「肝臓」に関連するところに、

「痛み」が出ています。



ampulla of vater_375x311



「痛み」のなかにスーッと入っていくと、

いつのまにか、

熟睡してしまい、

何時間寝たんでしょうか。



「痛み」は、

休養をとるように、

私に告げていました。


そうして、

「夢」のなかで、

いらない情報を処理し始めました。



大きな沼地が目の前に現れ、

知人の葬儀に、弔問客として集まった人々が、

沼地の周りに、ぐるっと人だかりになっています。


すると、

黒いベンツを運転する亡くなった知人のご主人は、

沼地に向かって車を走らせ、

大勢の人が見ている中、

ついに、沼に着水。


なんと、その黒いベンツは、

水陸両用なの。



わたしもびっくり!





このセレモニーは、

何だったんでしょうね。



たぶん、わたしの古ーい概念が、

整理されたんでしょうね。



このところ、

身の回りのものを、

ごっそりと捨てていますから、

無意識の部分でも、

お片づけをしているんでしょう。




今日は、

おかげさまで、

心も身体も軽い気がします。



サロンでの、

会話がとっても楽々です。



自分のなかの恐怖心が少なくなってくると、

とってもコミュニケーションも、

滑らかになっていきます。



そのひとの「すべて」を受け入れられるように、

なるからですね。



「抵抗感」が無くなるんです。


あれ?

このひと、

こんな人だったかな?

そう思うくらいです。



これ、

相手が変わったんじゃなくて、

自分が変わったんだよ。



言葉のキャッチボールがうまくいくと、

エネルギーも、

充満していきますね。

14251-1.jpg




リフレクソロジールーム

ママキッチン


テーマ : セラピー&ヒーリング    ジャンル : 心と身体

「セクシャリティ」のエネルギーブロックが一気に崩壊!「帝王切開」の赤ちゃんの人生はドラマチックに展開する傾向がありますね。私もその一人!

  1. 2012/10/15(月) 08:35:31_
  2. 痛みー心の痛み、身体の痛み
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
私たちの身体って、

ほんとうに便利にできている。

ここに、何も加える必要がないんだね。

完璧なエネルギー体です。



「セクシャリティ」のセミナーがパワフルだったということを、

身を以て今回体験しました。




アクシデントにも、

大きなネガティブなエネルギーのリリースという役割があります。




イタリアへ断食に行った際、

大きな岩場で二度も転落したことを思い出しました。



medium_6830207657.jpg
http://www.flickr.com/photos/sprengben/6830207657/



幸い、

顔面殴打だけで済みましたが、

グラッツィアーノさんが作ってくださった錬金術のクリーム「カレンデュラ」を、

ちょうど手に入れたあとだったので、

早速、「カレンデュラ」とユーリンを2日間つけて、

青あざもなく、

完治した経験があります。




断食をおこなう場所は、

四方をアルプスに囲まれ、

生命を育むシリコンなどが豊富なところです。

あのロケーションは、

他では、ないでしょう!


そこに、身を置くだけで、

浄化されてしまうところです。


私のなかのネガティブなエネルギーは、

一気に吹き出したようでした。



それは、それは、恐ろしく、

みた事もないような扉を開けたような状態。

「バーストラウマ」のすごいこと。

「帝王切開」で生まれたっていうことは、

ものすごい「トラウマ」なんだなあ〜と実感しました。




今回「セクシャリティ」のセミナーのあと、

一年前にイタリアで殴打した顔面が痛くなって来ていました。




また、なにかくるかな?

そう思っていた矢先、

車の事故を起こしました。



顔面の「痛み」と会話をしている際、

私の中の何かが「私なんて・・・・」

と、

自分の直感を疑うようなマインドが、

一瞬現れた瞬間です。





これは、「バーストラウマ」による、

「パーソナルライ」(自分のうそ)で、

「私には価値がない」(出生時に赤ちゃんにとって不当に扱われた事が原因)

というプロフラムが現れた瞬間。


medium_430346976.jpg
http://www.flickr.com/photos/markop/430346976/



一匹のクモが現れ、

足をチクッと刺したんです。


びっくりして、

クモをつかんで、

窓の外に捨てた瞬間、

事故は起きました。



目の前に大きな看板が、

舞っている様子は、

まるで映画をみているようでした。



一瞬何がおきたのか、認識不能になりましたが、

何とか車を止め我に返った次第です。



いつも、通い慣れた道だったんですが、

そこは、道路に敷地がはみ出していて、

そこに大きな鉄骨の看板が置かれている場所でした。



medium_455449249.jpg
http://www.flickr.com/photos/sidkid/455449249/
(イメージ写真)



事故処理もすべて終わり、

車も修理に出して、

予定通り、

東京へ行って来ましたが、

電車の中では、

まるで異次元にいるような感覚に襲われていました。



この事故によって、

また、大きな「痛み」(エネルギー的なもので肉体的痛みではありません)を受けた訳ですが、

その「痛み」によって、

リリースしたおおきな「トラウマ」がありました。



一瞬の不注意と言われれば、

それだけのことですが、

とにかくその前後は、

不思議な事だらけ・・・・




medium_6760135001.jpg
Most Amazing High Definition Image of Earth - Blue Marble 2012





意味を考えざるをえない体験をしました。


「私は価値がある」

「私は正しい」


パーソナルトゥルース(自分の真実)を、

認めた瞬間です。




だれも、こんなことは、

望みませんし、

注意して危険を回避して生きているつもりですが、

時として、

アクシデントはやってきます。

これも、「必然」(神の計らい)です。




気がつくと、

顔面の痛みは、消えていて、

さらに、

身体は、エネルギーに溢れています。

何のケガもないの?

と不思議がられています。



自分のなかの聖なるエネルギーの存在を、

確信する出来事でした。



一人一人の聖なるエネルギーが、

そのときから感じられるようになったのも、

不思議なことです。




わたしが、生まれ変わったのかな?


人間の感覚って不思議!!!



リフレクソロジールーム

ママキッチン





テーマ : セラピー&ヒーリング    ジャンル : 心と身体

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


日本語→英語自動翻訳【Google】

Japanese→English

English English得袋.com

Englishをクリックすると英語に翻訳されます。

「キラキラ☆楽々美人レシピ」内を検索する

検索したいキーワードを入れて検索してね。

横浜の今週のお天気は?

最新記事

カテゴリーメニュー

Categories...

openclose

最新コメント

プロフィール

みんながいいね!

キラキラブログランキング

このブログが参考になりましたら♪是非ひよこをクリックしてね!

kirakiraカウンター

♪オンライン(*'‐'*) ♪

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
46位
アクセスランキングを見る>>

popIn

QRコード

QRコード

ママキッチンマップ


より大きな地図で ママキッチン を表示

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

スポンサード リンク

kauli PR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。