• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

キラキラ☆楽々美人レシピ

           運命を味方につけるには「自分を知る」「自分を活かす」「自分を与える」の。                          「インスティンクト・リフレックス」は直観のツール                      「足の裏」から潜在意識にコンタクト♪♪ 「いにしえの叡智」へと広がります。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「肺循環」「体循環」5 リットルの血液の旅!「脾臓」は成分チェック「腎臓」は濾過作業「肝臓」は製造と代謝解毒を行なう総合商社♪

  1. 2013/11/08(金) 06:34:39_
  2. リフレクソロジー
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
身体の中を、

縦横無尽に走っている体液。

全身の細胞に、栄養や酸素、エネルギーを運搬し、

老廃物や二酸化炭素を回収する媒体。

それが血液です。


血液が流れている身体部分を特に循環器系と呼ぶ。
循環器系は心臓と血管などから成り、ヒトの場合、血管は閉鎖回路を成している。

血液は心臓によって加圧され、動脈を通じて全身へ送られる。
毛細血管に達すると細胞間質液に栄養分, 酸素等 放出をし、静脈を経て心臓へと戻る。
(血液 Wikipedia)



なんだか身体のなかの探検記になってきて、

ワクワクしています。

身体の中を一緒に旅してみましょうよ。


「肺」と「心臓」はこんなふうになっているのね。



318568_190119337740580_2083504935_n.jpg



血液の pH は、主に炭酸水素イオン(アルカリ性)と炭酸(酸性)の比によって決まる(緩衝液)。
炭酸水素イオンが減るか、もしくは炭酸が増えると血液は酸性に傾く事になる。
身体中ではさまざまな酸が発生しているが、
特に呼吸を代表とする酸化反応による二酸化炭素(炭酸ガス)の発生は莫大であり、
これは血液に溶解して大量の炭酸となる。これでは酸性になってしまうので、
炭酸から炭酸ガスを遊離する方向に緩衝反応が進み、
その結果発生した炭酸ガスは呼吸中枢を刺激し、呼吸が激しくなって肺から排出される。
(血液 Wikipedia)



中央にある血管、

太い血管のところを拡大してみましょう。


これが、

aorta 大動脈
vena cava 大静脈

ですね。

15_13a.jpg


ドクドクと流れている、

血液の音が聴こえてきませんか?


15_44.jpg



この配管設計は誰がしたんでしょう!



Diagram_of_the_human_heart.png
The circulation of blood through the human heart


私たちは、ホントに身体のことを、

知っているでしょうか?


いいえ!

知らないと思います。

身体の中で起こっている「奇跡」を、

現代生物学では、どのように説明するのでしょうか。


栄養学のコンセプトには、

エネルギーという概念がありませんね。


物質レベルのことしかみていない。

小学生レベルの足し算、引き算のようです。


実際に、核施設のなかで、高音で行なわれるような、

原子転換が、

常温で、しかも、

この身体のなかで起こっているのです。


私たちの身体がその真実を証明しています。


「ヴィーガン食をすると、「貧血になる」「VB12欠乏症」はうそです♪」

以前書いた、この記事で生体内の原子転換について取り上げました。


身体の中のどの臓器も、

それぞれ連携しあって、

この生命活動をしています。

物質レベルの解剖学に加え、

「システムオブナチュラルライフ」では、

エネルギーレベルの解剖学を学びます。



image1249.jpg



ヒトの両腎臓は体重の0.3%を占めるに過ぎないが、心拍出量の20-25%を受け入れる。
腎血流量は800-1200ml/分にも及ぶ。
ごくわずかな部分が腎臓自体のガス交換、栄養・老廃物交換に用いられるが、
ほとんどは糸球体での濾過を目的とする。
腎臓に流入するほぼすべての血液は、
大動脈から直接分岐した腎動脈に由来し、
流出する血液は下大静脈に到る腎静脈を経る。


大動脈からの旅
大動脈-腎動脈
-腎区動脈
-葉間動脈
-弓状動脈
-小葉間動脈
-輸入細動脈
-糸球体(腎小体)
-輸出細動脈
-尿細管周囲毛細血管
-尿細管周囲静脈
-小葉間静脈
-弓状静脈
-葉間静脈
-腎静脈
-下大静脈(腎臓内の旅の終点)

血液は、腎臓の糸球体でこんな風に濾過される。
糸球体を通過する血液の濾過に関係する力は3種類で、
血圧、浸透圧、糸球体嚢圧


だから、お薬で「降圧剤」なんて、

身体に入れられちゃうと、

この大切な濾過作業が滞っちゃうの。

困っちゃうなあ。



Blausen_0425_Formed_Elements.png

血液は、人間の体重の7%
密度は、約1060キロ/ m 3、千キロ/ m 3での純水の密度に近い。
平均的な成人の血液量 約5 リットル (1.3ガロン)
血漿と細胞のいくつかの種類から構成
赤血球(から成る赤血球 、赤血球)、白血球( 白血球 )、及び血小板( 血小板 )。
赤血球は、約45%、血漿約54.3パーセント、および約0.7%の白血球


Picture12.jpg


赤血球の場合、約120日で寿命を迎え、

老廃した赤血球は肝臓、脾臓で壊され、体外に排出される。

ただし赤血球中のヘモグロビンは排出されず、再利用される。






閉鎖回路の循環器系の場合、この経路には大別して2経路あり、
1つは心臓と肺の間における肺循環(小循環)、
もう1つは心臓と肺以外の全身との間における体循環(大循環)である。
従って、血液は以下の経路で全身を循環する。

体循環 心臓→動脈→肺以外の全身→末梢部毛細血管→静脈→心臓(肺循環に続く)

肺循環 心臓→肺動脈→肺→肺胞部毛細血管→肺静脈→心臓(体循環に戻る)

circulatory-path-of-blood.jpeg

血液のpHは 7.35 から 7.45 の間で厳密に調整されている。
この調整には、主に次の2つの平衡機構が働いている。

炭酸緩衝系および「肺」の二酸化炭素排出
リン酸緩衝系および「腎臓」の酸排泄


参照:
http://en.wikipedia.org/wiki/Blood
http://ja.wikipedia.org/wiki/血液



私たちの身体は、

完璧なバランスを保ち、

いかなる時でも、

「生きる」ことに全エネルギーを費やしています。


その素晴らしい活動を妨害するのが、

ネガティブな考えや「怒り」「恐怖」「心配」「考えすぎ」などの、

感情です。

これらは、「エゴ」とタックを組んで、

「病」という幻をつくり出します。



私たちは、「幻」と「恐怖」でできた、

現代医学を構築してしまいました。



巨大な多額のお金をかけなくても、

真実の生命活動は、

「足の裏」にすべてをみることができます。




リフレクソロジールーム

ママキッチン


スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング    ジャンル : 心と身体

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


日本語→英語自動翻訳【Google】

Japanese→English

English English得袋.com

Englishをクリックすると英語に翻訳されます。

「キラキラ☆楽々美人レシピ」内を検索する

検索したいキーワードを入れて検索してね。

横浜の今週のお天気は?

最新記事

カテゴリーメニュー

Categories...

openclose

最新コメント

プロフィール

みんながいいね!

キラキラブログランキング

このブログが参考になりましたら♪是非ひよこをクリックしてね!

kirakiraカウンター

♪オンライン(*'‐'*) ♪

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
14位
アクセスランキングを見る>>

popIn

QRコード

QRコード

ママキッチンマップ


より大きな地図で ママキッチン を表示

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

スポンサード リンク

kauli PR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。